P-Pointer File Securityの機能・製品紹介

PC・サーバー向け個人情報検出・自動対処ソフト P-Pointer File Security

  • ルール違反のファイルを探す
  • 検出後の自動対処機能
  • 高速スキャン
  • 組織での運用を意識した管理機能

P-Pointer File Securityは、
PCやファイルサーバの中から、
ファイルの内容や属性情報をもとに
保管ルールに違反している個人情報
ファイルを検出し、
然るべき対処を施す個人情報ファイル管理
ソリューションです。
個人情報ファイルがどこにあるかを
チェックでき、自動で移動したり
削除したりできるため、
個人情報ファイルの管理に課題をお持ちの
企業様に最適なツールです。

3つのステップで、
PCやファイルサーバ上の個人情報ファイルを
管理します。

  1. 見つける
  2. 対処する
  3. 管理する

P-Pointerはココが違う!

PCファイルサーバ
高速ファイルをスキャン。
個人情報を検出し、
保管ルールの徹底状況を把握

あらかじめ指定された
検索対象のフォルダやファイルを
高速(※)にスキャンし、
個人情報を検出します。
管理者は、どこにどれくらい個人情報を
含むファイルがあるかを把握できるため、

保管ルールの徹底状況を確認できます。(※当社比)

保管ルール違反のファイルを
自動対処することも可能。
個人情報ファイルを見つけた後の
人手による仕分け工数軽減

検出後のファイルが本来どうあるべき
なのかをあらかじめ設定することで、
該当ファイルをよりセキュアな
フォルダに自動で移動させたり、
自動で削除することができます。
また、対処の動作を
フレキシブルに設定することができます。

洗練された使いやすいユーザ画面
ファイル整理をかんたんに。

保管ルールや社内ポリシーに
違反しているファイルを従業員側でも
分かりやすく確認でき
画面から
ファイルの整理を行うことができるため
従業員のセキュリティ意識向上にも
有効活用いただけます。

0
0
0
0

※画面は全て開発中のものです

個人情報を検出・管理する
様々な機能

高速なスキャンと
リアルタイムスキャンで
個人情報ファイルの検索と
管理をサポート

二回目以降の検索は、一回目の検索終了後から更新されたファイルだけを効率的にスキャンする差分スキャン方式です。この機能により検索にかかる時間が短縮されます。

さらにリアルタイムスキャンを有効にすることで、ファイルが更新されたタイミングで自動的にファイルを検索し個人情報を検出します。

高速なスキャンとリアルタイムスキャンで個人情報ファイルの検索と管理をサポート

見つかった
個人情報ファイルを
保管ルールに合わせて
自動対処・手動対処

管理者が個人情報ファイル検出後の対処実行をあらかじめ設定することで、ファイルを所定の場所に移動させたり削除することを自動化します。

従業員が確認してから自動実行する「承諾」モードや、手動での対処実行機能も搭載しています。

※対処機能はタグ付与など、今後のバージョンアップで順次追加していきます。

見つかった個人情報ファイルを保管ルールに合わせて自動対処・手動対処

グルーピング機能をはじめ、
組織での運用を意識した
管理機能

個人情報の管理状況のチェックや管理方法に関する課題を解決します。

検索設定

管理者は管理画面で、検索対象端末の指定、検索条件、ファイル管理ルールを定義し、検索実行のスケジュールと検出後の対処を設定します。
検索対象端末は、グルーピング機能で、セキュリティ毎などとりまとめたい単位で設定できます。

検索設定
結果確認

管理者は、ルールに違反しているファイルの検出結果、対処結果を確認できます。
グループ毎の管理者を設定できますので、各部門の管理者が、自部門の結果データのみを閲覧する機能もご用意しています。
※2017年春にリリース予定。

結果確認
結果出力

検出結果は、検索終了時、または指定の日時、フォルダにcsv形式で自動出力できます。

結果出力

Windows Service化

P-Pointer File Seurityは、Windows のサービスとして動きますので、端末をログオフしていても動作します。

Windows Service化

通知機能

(今後搭載予定)

通知機能

Windows OS以外の
ファイルサーバもスキャン可能

Windows 環境以外のファイルサーバでも、別のWindows端末にエージェントをインストールし、ネットワーク越しに検索をすることが可能です。

Windows OS以外のファイルサーバもスキャン可能

システム構成

P-Pointer File Security(以下、PFS)の管理サーバを立て、各検索対象端末に個人情報検出を実行するエージェントをインストールします。
管理サーバから各エージェントに対し検索条件、検索実行、対処の指示を送ったり、
エージェントから管理サーバに検索結果を報告するなど定期的に通信を行います。

検索対象がPCの場合

検索対象がPCの場合
※情報管理者の機能は 2017年初頭リリース予定
  1. 管理端末にPFSをインストールし管理サーバを立てる
  2. 基本条件を設定する
    • グループ作成
    • グループに属するPCを登録
    • グループ毎に検索ルール設定
  3. 各PCにPFSエージェントをインストール(管理サーバのネットワークアドレスを指定)
  4. PFSエージェントが設定を管理サーバから取得
  5. 検索タスクの設定に従いスキャン開始又は端末ユーザの操作でスキャン開始
  6. 検出後の対処(自動or手動)
  7. 検出、対処情報を管理サーバに報告
  8. 各PCの個人情報管理状況を出力

検索対象がファイルサーバの場合

ファイルサーバに直接インストールし検索
ネットワーク越しに検索(windows以外のOSなど)
※情報管理者の機能は 2017年初頭リリース予定
  1. ファイルサーバ、または管理端末にPFSをインストールし管理サーバをたてる
  2. 基本条件を設定する
    • グループ作成
    • グループに属するファイルサーバを登録
    • グループ毎に検索ルール設定
  3. ファイルサーバ、または管理端末にPFSエージェントをインストール(管理サーバのネットワークアドレスを指定)
  4. PFSエージェントが設定を管理サーバから取得
  5. 検索タスクの設定に従い検索開始
  6. 検出、対処情報を管理サーバに報告
  7. ファイルサーバの個人情報管理状況を出力
  8. 部門の情報管理者が結果を確認

動作環境



※記載されている内容に関わらず、製造元のサポートが終了した製品・サービスは、
当社製品の動作環境としてサポート範囲外となる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

管理サーバインストール先

OS

Windows 10 / 8.1 / 7 の各エディション
Windows Server 2016 / 2012 / 2008 の各エディション
※64bit版のみ

ソフト
ウェア

.NET Framework 4.0 以上

CPU

Intel 互換 1.8 GHz 相当( 2.0 GHz 以上推奨)

メモリ

4GB以上

HDD

300MB 以上の空き容量+結果データの容量
※結果データはお客様のデータ保有量によって異なります。

エージェント インストール先

OS

Windows 10 / 8.1 / 7 / Vista の各エディション
Windows Server 2016 / 2012 / 2008 各エディション
※64bit版または32bit版

ソフトウェア

.NET Framework 4.0 以上

CPU

Intel 互換 1.8 GHz 相当( 2.0 GHz 以上推奨)

メモリ

2GB以上(4GB以上推奨)

HDD

300MB 以上の空き容量+結果データの容量+圧縮ファイルの一時展開に使用する領域
※結果データはお客様のデータ保有量によって異なります。

ネットワーク環境

TCP/IPネットワークを使用。

ページの先頭へ