企業の個人情報を守り続けて15年
P-Pointer HISTORY

2003

個人情報大量漏えい事件が
社会問題化!
個人情報保護法 成立

個人情報の適切な取り扱いと保護について定めた法律が成立。ウイルスやハッキングなどの事故から、持ち出しが原因の個人情報大量漏えい事件が発生し社会問題となりました。

2004

PC検索向けソリューション
P-Pointer販売開始

個人情報保護法施行をきっかけに「PC内の個人情報を簡単に見つける」PC向け検索ソフトを開発、販売を開始しました。

開発者が振り返るP-Pointer誕生秘話

技術本部 本部長 須藤 尚慶

個人情報保護法の施行をきっかけに「PC内に散在する個人情報を含むファイルの発見」をコンセプトにP-Pointerを開発しました。セキュリティへの意識が高まりつつある中で、「個人情報とは何か」「漏えいした場合どんなリスクがあるか」「漏洩を防ぐにはどうすれば良いか」など、個人情報保護に対する啓蒙の意味も込めた取り組みでした。

技術本部
本部長 須藤 尚慶

2005

個人情報保護法 全面施行

成立と同時に施行された「基本法」に加え、その2年後に一般企業に直接関わり罰則を含む第4章から第6章が施行され、全面施行となりました。

2013

サーバ検索向けソリューション
P-Pointer EXA販売開始

ファイルサーバ運用の増加により大容量検索かつリアルタイム検索が可能な個人情報監視ソフトを開発、販売を開始しました。

2015

個人情報の定義・概念が明確化!
個人情報保護法 改正

全面施行から10年が経ち、定義の明確化および情報の利活用推進のために個人情報保護法が改正されました。

国民ひとりひとりに番号を!
マイナンバー法 施行

さらに個人情報保護法の特別法という位置づけでマイナンバー法が施行。新しい個人情報としてマイナンバーの取り扱いについてもルールが明確化されました。

個人情報検出パッケージ市場
10年連続シェアNo.1※を獲得

情報漏えいのリスクを低減する対策として、「P-Pointer」が多くの企業に選ばれました。
※2015年 株式会社ミック経済研究所調べ

2016

PC・サーバ向け
個人情報検索・管理ソリューション
P-Pointer File Security販売開始

検索・対処・管理の3ステップで個人情報管理を実現する「P-Pointer File Security」を開発、販売を開始しました。

2018

GDPR(EU一般データ保護規則) 施行

EU域内の個人情報保護を規定する法律「GDPR」。データ活用に取り組む日本も遵守しなければならない法律として注目を浴びています。

割賦販売法の改正

クレジットの適正な取り扱いを目的とした割賦販売法が特定商取引法とともに改正されました。

2019

P-Pointerシリーズ15周年!

2004年に発売した「P-Pointer」は、700社を超える企業に導入いただき、おかげさまで15周年を迎えました。

さらに進化する社会で求められる
セキュリティ対策
企業がとるべき最初の一歩
「P-Pointer」

セキュリティ対策をすることが「当たり前」の世の中になり、多くのセキュリティ製品が生まれています。今後は、情報漏えいを未然に防ぐ対策だけでなく、漏えいを想定した対策も必要不可欠といえるでしょう。情報漏えい対策の第一歩として、まずはPC、サーバのどこにどんな情報があるかP-Pointerで見つけて管理することから始めませんか?

営業本部
副本部長 井上 陽子

P-Pointer File Security 紹介動画

製品詳細と導入事例はこちらから