fbpx

新着情報

プレスリリース

個人情報検出ツール「P-Pointer」の15周年を記念し「体験版」を無料配布

こちらのイベントは終了しました

個人情報検出ツール「P-Pointer」の15周年を記念し体験版を無料配布

個人情報管理システムを提供するアララ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:岩井 陽介 以下、アララ)は、個人情報ファイル検出・管理ソリューション「P-Pointerシリーズ」の15周年を記念し、「P-Pointer」体験版(機能限定版)を2019年12月17日から2020年1月20日まで無料配布いたします。また、あわせて「P-Pointer」15周年特設ページを公開したことをお知らせいたします。

働き方改革が叫ばれる中、リモートワークなどで業務PCを社外に持ち出すケースが増えています。それにともない、外出先での業務PCの置き忘れや紛失による漏えい事故も増えており、実際、2018年に発生した漏えい事件のうち4分の1が「紛失・置き忘れ」が原因であったと報告されています。(※参考:特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会「2018年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」 )

企業の情報セキュリティにおいては情報の可視化が重要です。「どこに」「どのような」情報が「いくつ」保存されているか把握することで、PC内の不要な個人情報を削除し、しかるべき保管を促すことができます。これにより社外にPCを持ち出した際でも漏えいのリスクを下げることができます。

今回提供する「P-Pointer」体験版は、1クリックで個人情報を含むと思われるファイルを検出することが可能です。2020年に予定されている個人情報保護法の改正も見据え、より多くの方に体験していただき、個人情報管理の重要さについて考える機会をご提供することができればと考えております。

【検索方法】
1. サイト(https://ppointer.jp/trial/)にアクセスし、メールアドレスを入力
2. 届いたメールに記載のURLからファイルをダウンロードする
3. ダウンロードしたファイルをダブルクリックする
4. メールアドレスに届いたパスワードを入力する(監査画面が表示される)
5. 「開始」ボタンをクリックし検索を実行する
6. 検出ファイル一覧を確認する
———————————————————————
【検索結果画面の使い方】
・選択したファイルをダブルクリックすると、ファイルを開くことができます
・選択したファイルを右クリックすると次の操作が可能です
 - ファイルを開く、コピーする、ごみ箱へ移動する、フォルダへ移動する
・ファイルを選択し右下の「ごみ箱へ」をクリックすると削除できます
検索結果

【検索条件】
・監査対象フォルダ:マイドキュメント、デスクトップ
・監査対象拡張子:csv、doc、docx、lzh、pdf、txt、xlk、xls、xlsx、zip
・検出する項目:住所、人名、メールアドレス、電話番号、クレジットカード番号
・報告のしきい値:いずれかの検出項目で25件以上検出したファイルを報告。ただし、クレジットカード番号は1件以上
 ※体験版のみの仕様です。製品版では対象フォルダを自由に指定いただけます。
 ※詳細はこちらをご覧ください。【URL】http://ppointer.jp/trial/

■「P-Pointer」について
『P-Pointer』は、PCの「どこに」「どのような」個人情報が「いくつ」あるのかの洗い出しを可能にする個人情報検出ツールです。
検出対象をサーバまで広げた後継品「P-Pointer File Security」では、個人情報ファイルの検出に加え、必要に応じて自動で移動や削除をおこなえます。個人情報ファイルの管理に課題をお持ちの企業様に最適なツールです。
【製品情報】https://ppointer.jp/

■15周年を迎える「P-Pointerシリーズ」について

「P-pointer」は、個人情報保護法の施行を受け、2004年から販売を開始し、おかげさまでで15周年を迎えることができました。15周年記念にあたり、これまでの「P-Pointerシリーズ」の歴史や、開発者によるコメントを紹介した特設ページを公開しています。
【15周年記念特設ページURL】https://ppointer.jp/15thanniversary/

ページの先頭へ