個人情報の検索はP-Pointer (ピーポインター)。

ファイル検出から自動対処まで「ピーポインターファイルセキュリティ」

個人情報検出市場10年連続NO.1

P-Pointer (ピーポインター)は、社内の定期監査や、セキュリティー意識向上、個人情報ファイル所在の現状把握のために、金融、サービス、IT系を始め600社以上の豊富な導入実績があります。

P-Pointerとは

「P-Pointer(ピーポインター)」は、PCやファイルサーバ内の個人情報や機密情報を含むファイルを高速で検索しレポートする、業界シェアNo.1の個人情報検出のためのソフトウェアです。
PCやファイルサーバに保存された個人情報にかかわる情報を、辞書を用いて高速で検索し、リストアップします。機密情報や個人情報を含むファイルを検索し、可視化することで監査や台帳作成が可能となります。お客様の要望にあわせ、詳細な検索条件の設定も可能です。基本に立ち戻り、個人情報や機密情報の所在を把握し、適切な保護・管理をすることが、情報漏えいリスクの根本的な低減につながります。

P-Pointer(ピーポインター)の特徴は、高度な検出機能であり、Excel、Word、PowerPoint、csv、pdf、圧縮ファイルをはじめ幅広い拡張子のファイルソフトを検索します。また、検索対象のパソコンへのインストールも不要ですので、導入してすぐにご利用いただける製品となります。

製品概要 運用イメージ

P-PointerEXA

「P-Pointer EXA(ピーポインターエクサ)」は、ファイルサーバ特化型の個人情報検出ツールです。ファイルサーバに特化することで、常にリアルタイムで個人情報や、機密情報を関しすることが可能です。新規作成や更新されたファイルも常に自動的に検索・検出するため、時間をかけずにファイルサーバ内のどこにどのような個人情報があるのか、把握することができます。膨大な情報量が保管されているファイルサーバを常に監視することで、情報漏えいのリスクを防ぎ、対策における管理者の手間を省きます。

ファイルサーバ特化型個人情報検索ソフト「P-Pointer EXA」について、詳細はこちら

P-Pointer EXA ファイルサーバ特化型個人情報検索ソフト

P-PointerEXA

「P-Pointer(ピーポインター)」を利用した個人情報データの適切な管理運用について、実際に個人情報検出ツール「P-Pointer」を導入していただいている企業様に取材してまいりました。PDCAサイクルの確立や社内での定期監査、およびその効果についてインタビューしています。「P-Pointer」を使ったセキュリティー管理について、ぜひご覧ください。

楽天生命保険
楽天生命保険様

楽天生命保険様では、これまで個人情報の取り扱いについて、手動でチェックや対策を行っていらっしゃいました。しかし、情報セキュリティーにおいて、「適正に運用・管理しているつもり」になってしまうことが最も危険であると考え、属人的な手動での管理から、ツールによる管理を行うべきであると考え、P-Pointerを採用いただきました。数ある個人情報検出・検索ソフトの中から、「P-Pointer」を選択された理由や、導入後の社内運用について伺っています。

株式会社ディノス・セシール
株式会社ディノス・セシール

ディノス・セシール様では、現在、個人情報ファイルは、「パソコンのローカルディスクにはおかない」という規則に基づき運用し、「P-Pointer」によってその状況を各自がセルフチェックしています。
ディノス・セシール様では、膨大な量の個人情報を、業務上効率的に検査管理するための効率的な個人情報検索ソフトウエアを探されており、運用上の3つの観点から、「P-Pointer」を採用いただきました。ディノス・セシール様が「P-Pointer」を選ばれた3つのポイントから、実際の運用方法について、インタビューしております。

詳しくはこちら

P-PointerEXA

01 生命保険・損害保険・証券会社 お客様からお預かりする大切な個人情報を適切に管理するために、社員のPCに個人情報を含むファイルが保存されていないか、P-Pointerを利用した定期的な監査で確認。ツールによる自動台帳作成や、社員のセキュリティ意識向上教育の一環としても利用しています。
02 銀行 クライアントPCが厳格なセキュリティで管理されている銀行では、ファイルサーバに格納されている個人データの所在をP-Pointerで検索し明確に把握した上で、データを厳重に管理し、監査にも利用しています。
03 決済・カード会社 クレジットカード番号のセキュリティ規格★PCIDSSへの準拠が求められる為、カード番号が決められた場所以外に無いかどうかをP-Pointerで検出、確認し、監査対応としても利用しています。
04 通信会社 ユーザ情報を大量に保有する通信会社では、店舗や営業社員のPCに一時的に利用したユーザ情報が置き去りになっていないかP-Pointerで検索し確認。またファイルサーバ上の個人情報ファイルの把握もP-Pointerで行っています。
05 製薬会社 PCを社外に持ち出す機会が多い営業系社員の意識向上を図る為、定期的な個人情報ファイル監査をP-Pointerで行っています。個人情報の保有量が多い社員に対しては面接をして教育します。薬品情報などの機密情報や、病歴などの機微情報もチェックしています。
06 リサーチ会社 リサーチモニターから収集したデータから個人情報を取り除いて活用する為には、目見チェックでは限界があることから、ソフトウェアで検索しデータを除外してから、データ調査を行っています。
07 通信販売会社 会員の個人情報が、コールセンターの従業員や営業社員のPCにパスワード無しで保存されていないかどうかを、P-Pointerで定期的に検出しています。
08 教育委員会 教員、事務員のPCやサーバ内に学校生徒や保護者の個人情報が、保護されない状態で保存されていないか、P-Pointerで検索し定期チェックしています。
09 レジャー(旅行・ホテル)会社 一時的に利用した旅行申込者、宴会申込者、宿泊者などの個人情報データが、従業員のPCに残ってしまっていないか、P-Pointerで定期的に検索しています。
10 人材紹介会社 登録者の個人情報や、病歴や退職理由などを含む機微情報を厳重に管理する為に、ファイルサーバ内の個人情報データの所在をP-Pointerで検出、把握し、アクセス制御など適切なセキュリティ対策を施しています。

  • PC内の個人情報をワンクリックで簡単検索!無料体験版お申し込み
  • P-PointerEXA ファイルサーバ向け個人情報監視ソフト
  • 個人情報検出市場9年連続シェアNo.1のP-Pointerから、マイナンバーパック登場!
  • セミナー・イベント情報

新着情報

  • パートナー専用ページ
  • プライバシーポリシー
  • 会社情報

アララ
ROBINS掲載事業者
個人情報検出ソフトP-Pointer(ピーポインター)はPC/サーバ内の該当ファイルを高速に検索し、監査や漏洩対策に寄与するソフトウェアです。豊富な導入実績で市場シェアNo.1!
  • お問い合わせ
  • 無料体験版申し込み