導入事例 — Sansan株式会社

「Sansanは社内セキュリティの向上を『仕組み』で実現したいと考えています。P-Pointerも、その仕組みの一つです」

Sansan株式会社

ITインフラデザイングループ

Sansan株式会社 ITインフラデザイングループ 久永 航 氏、綱島 芳紀 氏にP-Pointerを導入した経緯とその効果について詳しく聞きました。

Sansanについて

Sansanは、クラウド名刺管理サービスを提供しているIT企業です。「それさぁ、早く言ってよ~」のCMでおなじみの同社のサービスは、企業向け「Sansan」が全国7000社に、個人向け「Eight」が200万ユーザーに利用されるなど、現在、急成長中です。設立2007年、従業員数400名。

(※ この事例に記述した数字・事実はすべて、事例取材当時に発表されていた事実に基づきます。数字の一部は概数、およその数で記述しています)

P-Pointerをほぼ全社的に導入

SansanではP-Pointerをどう活用していますか。

Sansanでは社内の個人情報管理を万全にするために、P-Pointerによる個人情報検査を定期的に行っています。検査の概要は次のとおりです。

sansan_list

Sansanの情報セキュリティ強化の取り組み

Sansanは「名刺という個人情報」をクラウド管理するサービスを提供しています。その場合、Sansan自身の社内セキュリティ強化が重要になります。どのように取り組んでいますか。

社内セキュリティの確保においては、システムのほか、「人的な仕組み作り」、「社員ひとりひとりの意識向上」も重視しています。仕組み、取り組みの例は次のとおりです。


1.「個人情報保護士の資格をとることを、社員全員に義務づけ」

    Sansanでは、社員全員が必ず個人情報保護士の試験を受け、合格することが義務づけられています。開発部門の技術者も例外ではありません。もちろん経営層も対象です。ちなみに社内の合格第一号は社長の寺田でした(笑)。

 

 

※ Sansanのホームページ
※ 取材日時 2018年3月
※ 取材制作:カスタマワイズ

ページの先頭へ