よくあるご質問

導入にあたって

P-Pointerはライセンス期限を過ぎると使えなくなりますか?

はい。期限を過ぎると、管理コンソール、検索プログラム共に利用できなくなります。

P-Pointerの納品形態を教えてください

納品物は、「ライセンス使用許諾証書」「サポート通知書」、「使用許諾約款」の3点です。
プログラムは、ライセンス使用許諾証書に記載されたURLより、専用のID、パスワードにてログインしダウンロードしてお使い下さい。

次年度更新の案内はきますか?

はい。販売代理店、またはアララ株式会社よりメールにてご案内します。

評価版利用時に技術サポートは付きますか?

はい。アララ株式会社のサポート担当が対応致します。

製品の評価版はどの位の期間貸し出してもらえますか

約1ヶ月お貸し出し致します。

購入時に必要な書類はありますか?

「P-Pointer購入申込書」をご提出下さい。
購入申込書は販売代理店、またはアララ株式会社よりご入手下さい。

P-Pointerの費用は、どのように決まるのですか

■PC検索の場合

ライセンス数を基準とします。
ライセンスは「1コンピューター、1ユーザー」で1ライセンスとカウントします。

例)

  • 1ユーザーが1台のコンピュータを使用する場合 = 1ライセンス
  • 2ユーザーが同一のコンピュータで使用する場合 = 2ライセンス
  • 同一のユーザーが2台のコンピュータを使用する場合 = 2ライセンス

■ファイルサーバの場合

検索対象サーバのディスク容量を基準とします。
ファイルサーバが複数の場合は全台Totalのディスク容量になります。

P-Pointerはどこから購入できますか?

こちらの販売代理店から購入いただけます。
代理店がお決まりでない場合は、アララ株式会社に直接お問い合わせ下さい。

管理コンソールのインストールにはどのような権限が必要ですか?

管理者権限が必要です。

システム構成・環境

P-Pointer

P-Pointerの構成を教えてください

構成についてはこちらをご参照ください

管理コンソールのインストールにはどのような権限が必要ですか?

管理者権限が必要です。

検索用プログラムの配置先に対して、どのようなアクセス権の設定が必要ですか?

管理コンソールからは、配下のフォルダを含めてフルアクセスが必要です。
クライアントPCからは、次のようなアクセス権の設定が必要です。

  • 検索用プログラムの配置先・・・読み取り、実行
  • 検索用プログラムの配置先¥data・・・読み取り
  • 検索用プログラムの配置先¥Reports・・・読み取り、書き込み
数千台規模でも P-Pointerの導入は可能ですか?

可能です。ただし、管理コンソール、検索用プログラムの負荷分散が必要となります。

検索用プログラムをファイルサーバの共有フォルダに配置した場合、どの程度のデータ通信量が発生しますか?

プログラム実行時に、ファイルサーバからプログラム実行PCに対して、約9MB程度のデータ通信量が発生します。
また検索完了時には、プログラム実行PCからファイルサーバに対して、検索結果ファイルサイズ送信分のデータ通信量が発生します。
検索結果ファイルサイズの目安ですが、検出ファイル数10,000に対して数十KB程度となります。

各クライアントPCが実行する検索用プログラムはどこに配置されますか?

ファイルサーバなどの共有領域、またはクライアントPCに配置しても構いません。

検索用プログラムの配置先の共有フォルダは、Windows で提供されるものだけですか?

管理コンソール、クライアントPCが読み書きできれば利用できます。
例えば、Linux等で提供されるSamba環境も利用可能です。

発注してから何日で納品されますか?

弊社に注文書が届いてから5営業日目の納品となります。

P-Pointer EXA

P-Pointer EXAの構成を教えてください。

構成についてはこちらをご参照ください。

管理コンソールのインストールにはどのような権限が必要ですか?

管理者権限が必要です。

検索領域に対して、どのようなアクセス権の設定が必要ですか?

P-Pointer EXAを実行するユーザの閲覧権限が必要です。

ファイルサーバに直接P-Pointer EXAをインストールせず、別のWindows端末にインストールしてネットワーク越しに検索できますか?

できます。

ファイルサーバがWindows以外(NAS等のストレージ、Linux)などでも利用できますか?

P-Pointer EXAをインストールするWindows端末からファイルサーバをマウントできればネットワーク越しに検索できます。

数十TB規模でも P-Pointer EXAでの検索は可能ですか?

可能です。ただし検索時間がかかることが想定されますので、フォルダ毎に少しずつ検索したり、複数台の端末からネットワーク越しに並列検索するなど運用を考える必要があります。

ファイルサーバに負荷はかかりますか?

P-Pointer EXAは、監査条件に合致したファイルデータを読み込み、ファイルの中身を検索するという処理を機械的に次々と繰り返して検索します。
システムの構成によって次のような点で性能に影響を与えることが予想されます。

 

◎ファイルサーバにP-Pointer EXAをインストールする場合

  • ファイルデータを読み込む際のディスクのI/O
  • ファイルの中身を検索する際のCPU負荷、メモリ使用量の増加

※CPUについては、負荷が高い状態となった場合は、他のアプリケーションの動作を極力優先させる設定で動作しています。

 

◎ネットワーク越しにファイルサーバを検索する場合

  • ファイルデータを読み込む際のディスクのI/O

※ネットワークトラフィックにも影響があります。
P-Pointer EXAの動作端末とファイルサーバの間で、監査条件に合致したファイルのデータ転送が発生します。

ページの先頭へ