よくあるご質問

旧製品(P-Pointer/P-Pointer EXA)に関しては、
弊社までお問合せください。

製品機能について

インストールするプログラムの種類を教えてください。

「管理サーバプログラム」用インストーラと「検索エージェントプログラム」用のインストーラに分かれています。複数台のPCを検索する場合は、検索対象となるPCそれぞれに「検索エージェントプログラム」のインストールが必要です。
なお、ファイルサーバを検索する場合に、別端末からファイルサーバにネットワーク接続して検索するケースにおいては、検索対象となるファイルサーバへの「検索エージェントプログラム」のインストールは不要です。

複数台PCへのインストール方法を教えてください。

資産管理ソフトのファイル配布ツールや、Active Directoryをご利用いただくと効率的にインストールができます。

サイレントインストールは可能ですか?

はい、可能です。

バージョンアップ時は、上書きインストールは可能ですか?

はい、可能です。

バージョンアップの頻度を教えてください。

年2~3回ほどを予定しています。

どのようなロジックで検索を行っていますか?

ファイルの中身を「辞書」と呼ばれるパターンファイルを使って検索します。
「辞書」には、人名、住所などのキーワード辞書や、電話番号、クレジットカード番号、マイナンバー、運転免許証番号など数列パターン辞書があります。

標準辞書以外に、オリジナルで辞書を作ることは可能ですか?

はい、可能です。
ユーザー自身が、任意で単語や数列を登録する「ユーザ定義辞書」を作成することができます。

検索可能なファイルの種類は何ですか?

テキストファイル、Office系のファイル(Word、Excel、PowerPoint、pdf、圧縮ファイル)など、通常業務で一般的に利用されるファイルにはほぼ対応しています。

検索できないファイルは何ですか?

画像ファイルや暗号化、パスワードロックされたファイルは検索できません。

パスワードがかかったファイルは検索可能ですか?

いいえ、できません。
パスワードがかかったファイルは、中を開いて個人情報を検索することはできませんが、パスワードつきファイルの所在(パス名)は検索結果に表示されます。

サイレントで(画面を表示せず)、検索を実行することは可能ですか?

はい、可能です。
エージェント画面を表示せずに、サイレント実行する方法があります。

予約実行は可能ですか?

はい、可能です。
P-Pointer File Securityの管理画面上で操作ができます。

自動対処方法の種類はどのようなものがありますか?

自動移動、自動削除、自動コマンド実行機能があります。

検索結果はどのようにして閲覧しますか?

「検索エージェントプログラム」、「管理サーバプログラム」それぞれの画面で結果の閲覧が可能です。
また結果データをcsv出力することも可能です。

Windowsサーバ以外のファイルサーバの検索は可能ですか?

はい、可能です。
Windows OSのPCやサーバに「検索エージェントプログラム」をインストールし、ネットワーク越しに検索を行ってください。

検索する際に必要な権限はどのようなものがありますか?

検索対象のファイルにアクセス可能なユーザ権限が必要です。

検索時間はどの程度でしょうか?

お客様環境によって異なるため、一概にお答えすることができかねます。
「検索エージェントプログラム」をインストールする端末スペック、ファイル数、ファイル容量、ファイル種類、検索条件、またはシステム構成により異なります。
詳しくはアララ営業担当、もしくはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットワーク越し検索の注意点などはありますか?

P-Pointer File Securityは、インストールした端末に対象ファイルをコピーして検索を行います。
ネットワーク越し検索を行う場合、検索対象のファイルがネットワーク間を流れます。
ネットワーク越しの検索をご検討いただく場合は、システム構成によってはネットワークに負荷がかかる場合がありますので、評価版をご利用いただき負荷テストをお願いしております。

購入について

PCを検索するためのライセンスと、ファイルサーバを検索するためのライセンスは別ですか?また、それぞれに費用がかかりますか?

はい、PC検索とファイルサーバ検索は別ライセンス、別課金となっています。
PC検索の場合は検索対象のPC台数、ファイルサーバの場合は検索対象サーバのディスク容量によって決まります。
PC検索のライセンスを「PCライセンス」、ファイルサーバ検索のライセンスを「サーバライセンス」と称しています。

PCライセンスの課金の考え方について教えてください。

検索対象PCの台数が課金対象となります。
ただし、1台のPCで複数ユーザーが使用しているPCの場合は課金の考え方が異なります。
詳しくはアララ営業担当、もしくはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

サーバライセンスの課金の考え方について教えてください。

検索対象ファイルサーバの総ディスク容量が課金対象となります。

例:容量2TBのファイルサーバーが5台ある場合、2TB×5台=10TBが課金対象

次年度以降の保守についてを教えてください。

P-Pointer File Securityは保守費用という考え方ではなく、サブスクリプション形式でライセンスを提供しているため、次年度以降も年間ライセンス費用を頂戴しております。
年間ライセンス費用の中には、製品使用権、バーションアップ版利用権、サポートを受ける権利が含まれております。

契約期間は1年間ですか?

はい、原則1年間の契約となっております。
初年度は「新規ライセンス」、次年度以降は「更新ライセンス」をご購入いただきます。
ただし5年契約の官公庁自治体ライセンスなどもございますので、エンドユーザー様によってご契約いただくライセンスと期間が異なります。

無料評価版はありますか?

はい、ございます。
一部機能制限しておりますが、製品版とほぼ同等機能の評価版がございます。
評価版のご依頼につきましては、アララ営業担当もしくはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

評価版はどの位の期間貸し出してもらえますか?

約3週間~1ヶ月お貸し出しいたします。

評価版利用時に技術サポートは付きますか?

はい、付きます。
技術サポート担当がメールにて対応いたします。

P-Pointer EXA販売終了について

P-Pointer EXAを新規で購入できるのはいつまででしょうか?

2017年12月末をもって新規販売は終了いたしました。

P-Pointer EXAの更新ライセンスを購入できるのはいつまででしょうか?

2019年12月23日(月)までに、弊社へ購入申込書が届いた場合のみ承ります。

お客様向けのP-Pointer EXAの技術サポートはいつまででしょうか?

2020年12月弊社最終営業日までとなります。

サーバ容量が増えた場合や、オプションの追加の購入はできるのでしょうか?

2020年12月弊社最終営業日までにサーバディスク容量の増加やオプションの追加が発生する場合は、ご注文を承ります。

P-PointerEXAの代わりとなる製品(ファイルサーバ検索)はありますでしょうか?

はい。PCもファイルサーバも検索可能な「P-Pointer File Security」がございます。詳細資料をお求めの方は、担当者(info@ppointer.jp)までお問い合わせください。

P-Pointer EXAのバージョンアップはまだありますでしょうか?

はい。2020年12月弊社最終営業日までの間、必要に応じバージョンアップは行います。

P-Pointer EXAとP-Pointer File Securityの比較表はありますでしょうか?

はい、ご用意がございます。担当者(info@ppointer.jp)までお問い合わせください。

「P-Pointer EXA」から「P-Pointer File Security」への乗り換えはプランは ありますでしょうか?

はい。優待価格にてご購入いただけます。
詳細につきましては、担当者(info@ppointer.jp)までご連絡くださいませ。

PC検索用の「P-Pointer」の販売終了も予定していますでしょうか?

P-Pointer EXA同様に、ご提供について段階的に終息をしていく計画がございます。こちらは順次ご案内させていただきます。

ページの先頭へ